« インドへ行く前に身体検査をしています | メイン | 来週インドで開催する日本文学研究集会のレジメ(試作版)を公開 »

2016年11月 3日 (木)

清張全集復読(7)「戦国権謀」「菊枕」

■「戦国権謀」
 慶長12年、70歳近い家康の身辺が語られます。特に、本多正信との親密な関係が際だっていました。
 その子正純は、あらぬ疑いで宇都宮から追い出され、元和8年秋に出羽国由利郡本庄に幽閉されます。さらに、横手に遷されるのでした。
 加えて、ありし日の権勢を語ったことが秀忠の不興を買います。身辺の警備が厳重になったのです。片時も油断のならない身に置かれていることを痛感します。
 幽居11年で正純は72歳で亡くなり、静かに幕が引かれます。栄光と挫折が描かれています。
 人間の感情を押し殺した表現で語られるので、今からみれば清張らしくないと思う作品です。【3】
 
初出誌:『別冊 文藝春秋』(昭和28年4月)
 
 
■「菊枕」
 明治から大正にかけてのこと。中学校の美術の教師と、御茶ノ水を出た文学好きの美貌の妻との話です。
 妻ぬいは、夫との喧嘩ばかりの日々に懲り、俳句を始めます。大正から昭和にかけて、ぬいは知る人ぞ知る俳人として活躍します。しかし、他の女流俳人にはことごとく敵対します。自分の才能に誇りがあるからです。心満たされないままに、しだいに孤立し、狂態のさまを見せます。
 感動的な物語として終わります。抑制した語り口にも関わらず、胸を打つのは筆の力なのです。清張の面目躍如という作品に仕上がっています。
 この作品のモデルは、高浜虚子を偶像化していた小倉在住の俳人杉田久女で、清張は奈良まで取材に行って弟子たちに会っています。遺族から抗議をうけても、清張は相手にしなかったそうです。【5】
 
原題:「菊枕—ぬい女略歴」
初出誌:『文藝春秋』(昭和28年8月)
 
参考資料:『松本清張事典 決定版』(郷原宏、角川学芸出版、平成17年4月)
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008