« 読書雑記(186)船戸与一『雷の波濤 満州国演義7』 | メイン | 京洛逍遥(381)大晦日の染殿院と錦天満宮と錦市場 »

2016年12月30日 (金)

読書雑記(187)『戦後強制抑留 シベリアからの手紙』

 森野達弥の漫画『戦後強制抑留 シベリアからの手紙』(北田瀧・原作、加藤聖文・監修、平和祈念展示資料館発行、平成24年3月発行、非売品)を読みました。これは、一昨日の本ブログで取り上げた『満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽』と共に、平和祈念展示資料館の入口で無料で配布されていたものです。


161228_mangasiberia


 戦後、日本人がシベリアに抑留された意味と強制労働をさせられた人々について、あらためて考える情報を提供してくれる資料です。

 自らの体験をあまり語らないままに亡くなった父のことを思いながら、耳を傾ける気持ちで読みました。

 表紙見返しに、次の文が掲げられています。


戦後強制抑留(シベリア抑留)とは

 戦争が終結したにもかかわらず、
約57万5000人の日本人がシベリア
を始めとする旧ソ連やモンゴルの
酷寒の地において、乏しい食糧と
劣悪な生活環境の中で過酷な強制
労働に従事させられました。
 寒さや食糧の不足などにより、
約5万5000人が亡くなったとされ
ています。

 こうした前置きが必要なほどに、現在の日本ではこのことが忘れ去られているのです。また、本書では、前著『満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽』以上に、漢字にはすべてひらがなで読みが添えてあります。若者はもとより、1人でも多くの方に読んでほしい、という気持ちの表われでしょう。

 物語は、高校生の佐伯翔君と谷原亜衣さんが、中津先生の父に関するシベリア抑留の話を聞き、しだいにこの問題をさらに知りたくなる、という展開です。

 日ソ中立条約をはじめとする国と国との約束事が持つ意味に触れつつ、シベリア抑留の体験を語る坂峰弥輔氏の次の言葉に重きを置いた構成となっています。


今でもあの頃のことを思い出すと
怒りで体が熱くなる……
でも憎しみからは何も生まれない

私たちが出来るのは
抑留生活がどんなもので
あったかを伝え
あなたたちのような若い人たちに
平和の大切さを知ってもらう
ことだと思います(57頁)

 シベリアの凍土について、餓死や凍死した仲間のために墓を掘るのに、1日にいくらも掘れない話は、私の父が何度も語ってくれたことです。食料の取り合いの熾烈さも聞きました。

 日本への手紙が書けるようになった時、ソ連の検閲があるために、カタカナで書くように言われていたということです。読みやすいカタカナだと、検閲もしやすいためのようです。また、ソ連の悪口などを書くと、手紙は没収されたとのこと。
 ソ連側の感情を配慮した生活をしたことなども、父から聞いています。

 それにしても、本書を読みながら、もっと父から話を聞いておくべきだったことを痛感しました。

 とにかく、折々に両親のことを思い出すことで、その苦労の実態と戦後の生き様を直視した理解をすることを心がけています。そして本書から、息子として感謝の念につなげていきたいとの思いを強くしました。

 年末に、重たいテーマを自分に課して、このブログの場を借りて4日連続で綴ってきました。
 来春から私にとって新しい生活が始まります。
 真剣に両親のことを振り返ることで、気持ちの整理をすることとなりました。

 今年もあと1日。
 多くの方々に支えられた1年であったことを、あらためて実感しています。

 新年がこれまで以上に良い年となりますように……
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008