« 読書雑記(187)『戦後強制抑留 シベリアからの手紙』 | メイン | 京洛逍遥(382)下鴨神社と河合神社に初詣 »

2016年12月31日 (土)

京洛逍遥(381)大晦日の染殿院と錦天満宮と錦市場

 穏やかな大晦日。年の瀬の慣わしとなった、錦市場への買い出しに出かけました。
 今年も、料理人の感覚を頼りに、息子と一緒です。食材選びは直感が決め手です。

 四条通りの歩道が広くなったので、ゆったりと歩けます。これは英断でした。


161231_4jyoudori


 新京極通りは、いつもより人が少ないようです。
 四条通から入ってすぐ左に、赤丸で示したように「安産祈願 そめどの地蔵」という表示板が目に留まりました。


161231_sinkyougoku


 いつも新京極は、修学旅行生や海外からの旅行者がお土産物を探す場所となっています。あまりの人出の多さに通り過ぎていたので、これもご縁と思い初めてお参りしました。狭い路地の奥に本堂がありました。


161231_somedono1


161231_somedono2


 ここは、平安時代からの安産守護として知られた染殿地蔵院でした。地元では「そめどのさん」として親しまれているお地蔵さんだそうです。国宝「一遍聖絵」第7巻にある四条京極の釈迦堂とはここだとも言います。弘法大師が造られた本尊の地蔵菩薩は、2メートもの裸形立像。ただし秘仏のため、ご開帳は50年に1度となっています。次はいつなのか、聞き忘れました。

 本尊を「染殿地蔵尊」と呼ぶのは、文徳天皇の皇后であった藤原明子(染殿皇后、829-900)がこの地蔵尊に祈願したことにより、皇子である惟仁親王(第56代・清和天皇)が生まれたことに因むそうです。明子は父親の良房(人臣最初の摂政)の邸宅「染殿」に住んでいたのです。

 本堂から四条通りを見ると、創業明治7年の甘栗和菓子の老舗である林万昌堂四条本店でした。店の中を抜けても、この染殿地蔵院にお参りできます。

 新京極商店街を北に歩いて、錦天満宮へお参りしました。
 ここも、思いのほか参拝客は少なめでした。


161231_temangu


 境内の白梅も、まだ蕾が固いようです。


161231_ume


 この天満宮から西に向かって、錦小路通りが走っています。
 年末は人でごった返しすることで知られています。しかし、ここも今年は思いのほか空いていました。海外からの方ばかりのようなので、地元の方々は時間をずらして歳末のお買い物をなさった後なのでしょう。


161231_nisiki2


161231_nisiki3


 錦市場では、いつも買うおせち飾りの「開花宣言」や「扇昆布」と生麩等をいただきました。


161231_nisiki4


 木屋町と先斗町をブラブラして帰りました。ここも、見かけるのは海外の方々です。
 日本の旅行客のみなさんは、混雑を避ける術を身につけられたようです。

 我が家もお正月を迎える準備ができました。
 あと数時間で平成29年、2017年です。
 どのような年になるのか今から楽しみです。

161231_simekazari


     

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008