« バスの運転手さんの緊急事態に遭遇して | メイン | 読書雑記(185)『満州からの引揚げ 遥かなる紅い夕陽』 »

2016年12月27日 (火)

両親がいた満州とシベリアのことを調査中

 父は昭和58年に68歳で亡くなりました。生きていたら、今月で101歳になります。終戦と同時に満州からシベリアに抑留され、昭和23年6月に舞鶴(?)に引き揚げて来ています。
 母は平成16年に84歳で亡くなりました。生きていたら、来春97歳です。満州のハイラルから命からがら日本に辿り着いたそうです。

 この両親に息子として何もできなかったので、折々に思い出すことで感謝の気持ちにかえています。

 まず、両親が満州でどのような生活をし、終戦後はどのようにして引き揚げて来たのか、ほとんど聞いていません。
 最初の引き揚げ船「大久丸」は、昭和21年12月8日に舞鶴に入港しています。これに母は乗っていたのでしょうか。母は、父の復員を出迎えに行ったのでしょうか。島根県の出雲から舞鶴へ? いつ帰るとも知れぬ父を、家で着物を縫い続けていた母が迎えに行けたとも思えません。それすら、聞かないままに来ました。

 引き揚げ船の最後となった「興安丸」が舞鶴に入港したのは、昭和31年12月26日です。父の帰還は昭和23年なので、早い方だったようです。

 先日、西新宿で開催されていた、シベリア抑留生活に関する展示と講演に行きました。
 「江戸漫歩(148)平和祈念展示資料館で両親のことを想う」(2016年12月18日)
 父が極寒の地で生き抜いた様子が、少しだけイメージできるようになりました。

 母については、第1回サントリーミステリー大賞読者賞を受賞した麗羅の『桜子は帰ってきたか』(1983年)からのイメージしかありません。実際に、母はどのようにして満州から日本に帰ってきたのでしょうか。
 いつもニコニコしていた母に、満州から引き揚げて来たという暗い日々の痕跡はまったく感じられませんでした。
 このことは、「西国三十三所(35)松尾寺」(2010年11月05日)に少し書きました。

 モンゴルで父のことを思い、ウランバートル市の日本人墓地跡へ立ち寄ったこともあります。
「亡父の代わりに日本人墓地跡へ」(2010年01月17日)

 その後、「宙に浮いている郵便貯金1900万口座」(2010年08月20日)に書いたようなことがありました。
 これに関しては、証明するものがないとのことで、以来うやむやになったままです。

 今回、平成22年に「シベリア特別措置法」が制定されていることを知りました。

 いろいろなことがわかって来ました。しかし、まだ点でしかありません。
 この点を線へと、そして面にして立体的な像を組み立てるためにも、さらに調査を進めて行きます。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008