« 読書雑記(189)白川紺子『下鴨アンティーク 祖母の恋文』 | メイン | 源氏物語本文の2分別私案に関する初めての賛同者 »

2017年1月10日 (火)

元日の落とし物が無事に見つかりました

 新年早々、ついうっかり落とし物をしました。
 あまり使わないカード類を入れていた小銭入れが無くなったのです。
 お金はまったく入っていなかったことと、すべてがお店のポイントカードや各種会員証だったので、被害は最小だったといえるでしょう。

 いや、1枚だけ…まさかの時のためのクレジットカードがありました。もっともこれは、すぐにネットで最近は使われていないことを確認してから、利用停止の手続きをしました。
 おっと、もう1枚。運転免許証もありました。

 ということで、家の中などに置き忘れていないことを確認した数日後、近所の交番に紛失届を出しました。

 どこで落としたのか、どこに置き忘れたのか、どこで盗られたのか、などなど、お正月とはいえ、ふとした瞬間に疑心暗鬼が頭をよぎります。

 ヨドバシカメラでお買い物をした時、ポケットからポイントカードを取り出そうとして、あっそうだ、と現実に引き戻されました。あのカードは、日本でポイントカードができた初期のものです。カード番号を見て、店員さんからよく珍しがられたものです。再発行してもらう時に、これまでの番号で作ってほしいと頼みました。しかし、それは出来ないとのことでした。レアなカードがなくなり、非常に残念です。

 自分の日々の行動を確認する時に、毎日書いているブログは重宝します。

 大晦日は、四条の錦市場。
 元日は、下鴨神社へ初詣。
 2日は、大阪で娘と宴会。
 3日は、再度の下鴨神社。

 うーん、とうなるばかりで、財布につながることは何も思い当たりません。大事な財布と違い、貴重なカードが入ったものでもないので、あまり気にしていなかったようです。

 クレジット会社から突然電話があり、警察からの連絡を教えてくださいました。
 1月6日から何度か、私の携帯に着信記録が残っていました。電話を使う生活から遠ざかっているので、着信記録すら見ることがないのです。今回は、たまたま電話があったことに気づき、念のためにネットでどこからの電話かを調べると、クレジットカード会社からであることがわかりました。カードの再発行のことだろうと思って、折り返し電話をしました。すると、何と、無くなったと思い込んでいた財布が、大阪の警察に保管されている、という連絡だったのです。

 クレジット会社の方は、丁寧な対応でした。
 元日の午後3時頃、出町柳駅を発車した京阪電車に落ちていたそうです。
 たしかに、妻とともに下鴨神社へ元日の初詣に行った後、そのまま京阪の出町柳駅へ出て、2つ目の三条駅まで京阪電車に乗りました。その時に落としたようです。
 財布が無くなっていることも知らず、木屋町、先斗町、河原町、京極、寺町の賑わいの中を散策していたのです。

 大急ぎで、クレジット会社から教えてもらった大阪の警察へ電話をし、受付番号を言って、財布の中身を確認しました。私が思い出すカードのすべてが、500キロ離れた受話器の向こうの婦警さんの手元にあるのです。不思議な感覚と安堵感が綯い交ぜになって襲って来ました。返す返すも、感謝感激です。

 今は東京にいるので、指定される日時までにそちらへ受け取りに行けないことを伝えました。するとあろうことか、着払いで郵送することも可能だとのことでした。これは助かります。
 送り先の確認に少し時間がかかるとしても、居ながらにして、東京の宿舎へ自分が京都で落とした財布が大阪から届くのです。今話題のドローンではなくて、明治以来の郵便制度を使って送られてくるというのがいいと思います。

 暗いニュースがあるにしても、この国の良さを再確認しています。あの元旦の日に、込み合う電車で落とした財布を、警察に届けてくださった方がいらっしゃったのです。
 また、その財布を取りに来られないなら送ってあげよう、と警察の方はおっしゃるのです。

 信じられないほどの信頼関係で築かれた、この平和な社会の一端が垣間見えます。
 これも、我々の先輩たちが引き継ぎながら築き上げた、よき文化だと言えるでしょう。善意を前提にして成り立つ社会に、こうして生活できていることの幸せを実感しています。これは、いつの世にも伝えたいことです。また、私自身も、そうした相手を思いやる姿勢を大切にして、困っている方のために自然に何かができる日々を、常に送りたいとの思いを強くしています。

 元日早速の失態が、ありがたいことに、明るく人を信頼して前向きになれる元気に置き換わりました。
 今年は元旦から、災い転じて福の1年が始まったのです。
 今回のことで関係してくださったみなさまに、ありがとうございます、という気持ちをこの場を通してお伝えします。カードが戻ってくる以上に、みなさまがたの気持ちが嬉しいのです。

 たかが財布一つのことで大げさかも知れません。しかし、このような文化を共に持ち伝えているこの国の多くのみなさまに、感謝しています。
 
 
 

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

NPO法人〈源氏物語電子資料館〉広報室より

Powered by Six Apart
Member since 07/2008